ラ・クレンズには人工甘味料ではなく、植物由来である体に優しい甘味料のステビアが使われています。どうして人工甘味料じゃダメなのでしょうか。最近ではあちこちで見かけるものです。

でも、実は砂糖の何倍もの甘さを、安く大量生産できるんです。もうおわかりかもしれませんが、それは人工的に作られた物だから。砂糖の何百倍もの甘さを持っているんです。

でも、カロリーゼロだから!そう思っていませんか?美容や健康にとって、確かに大きなカロリーは良い存在とは言えません。しかし、人工甘味料を使った強い甘さの物を摂取し続けていると、味覚障害が起きてしまうのです。

それもそのはず。砂糖よりもずっと甘い物を食べているのですから、果物のような自然に感じられるはずの甘みが感じられなくなってしまうのです。

このように、一見ダイエットの味方になってくれそうな人工甘味料ですが、実はその真逆だということがわかります。ラ・クレンズは強い甘みではなくほのかな甘みのゼリーなのですが、それは人工甘味料を使っていない証拠でもありますね。

>>私の朝食置き換えダイエット体験談はこちら。

このページの先頭へ